主な産地
中南米

栄養素
オメガ3脂肪酸
食物繊維
タンパク質

効能
動脈硬化予防
アンチエイジング
ダイエット
便秘改善

【スポンサーリンク】

アメリカのハリウッドセレブ達が愛用していたことで、日本でも若い女性を中心に話題になり、知名度を上げているチアシードはメキシコの南部が原産地と言われています。
「チア」とはマヤの言葉で「強さ」という意味です。人はチアシードと水さえあれば生き長らえることが出来ると言われるほど栄養価が高いスーパーフードです。

チアシードはオメガ3脂肪酸、α–リノレン酸が豊富

チアシードは約30%が脂肪酸ですが、その半数以上を占めるのがオメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は血中の脂質濃度を下げる働きがありコレステロール、中性脂肪を下げる動脈硬化予防、心筋梗塞予防の効果があり、さらには脂肪燃焼を促す効果があります。

α–リノレン酸は体内の炎症を抑える、血流を改善し動脈硬化を予防します。α–リノレン酸は体内では生成出来ない必須脂肪酸で、現代の日本人には不足しがちな栄養素です。

【スポンサーリンク】

タンパク質は肉並みの含有量

チアシードはそのおよそ20%がタンパク質で構成されています。肉や魚と比べてみても引けを取らない程です。そして体内では生成出来ない必須アミノ酸9種類のうち8種類が含まれており農作物では類を見ないことです。

水分を含むと10倍に膨れる

チアシードは水に入れると10倍も膨らみます。膨らんだチアシードはゼリー状になり、このゼリー状の部分はグルコマンナンと言われる食物繊維です。
チアシードは30%以上が食物繊維で、腹持ちがよく、膨らむ為満腹感も得られやすいのでダイエットには最適です。
また、食物繊維が豊富な為お通じも改善されます。

飲み物に混ぜて手軽に摂取

チアシードは味に癖がなく、そのまま水やジュースに入れて飲んだり、デザートにも使えます。

【スポンサーリンク】