e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_s

暑くなると出てくるのが、蚊!

蚊に刺されると、猛烈にかゆみが襲ってきて、勉強や仕事などの集中力が無くなりますね。

夜中、眠っているときに「ブ~ン」と耳元で蚊の飛ぶ音が聞こえて、

慌てて電気をつけても、蚊は見つからずに、夜中じゅう蚊と闘っていた経験はありませんか?

蚊の対策グッズも色々試してみたと言う人も多いと思いますが、できれば体に害のないものを使用したいですね。

そこで、今回は、誰でも簡単に作れる蚊取りペットボトルと言う、ペットボトルで蚊の対策をする方法をご紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

蚊取りペットボトルって何?

市販でも、あの憎き蚊の対策グッズがたくさん売られていますが、何を使用すれば良いのか迷いますね。

蚊の対策としては、昔ながらの蚊取り線香や、最近では、お部屋に一度噴射しておけば、

約24時間、蚊が寄りつかないと言う殺虫剤も売られています。

しかしながら、このような殺虫剤を使用していて、小さな子供や、ペットの動物などに害が無いのか不安でもあります。

しかし、蚊に刺されることで、かゆみをもたらすだけではなく、

感染するウィルス性の疾患こそが恐ろしいと言うことを知識として持っていて、

何かしらの対策は必要であると言うことを考えなければいけません。

そこで、蚊による感染であるデング熱で、多くの命を失っていたフィリピンで、発明された蚊取りペットボトルをご紹介します。

このデング熱とは、蚊が媒介する伝染病で、熱性や発疹性疾患で、患うと時には命を脅かすことも有る感染病です。

フィリピンでは、毎年多くの子供たちが、このデング熱により、命を落としています。

蚊取りペットボトルは、フィリピンのマニラにある浄水や下水処理サービスを提供しているマイニラッド社と言う会社が開発し、

フィリピンの市民に配布したことで、蚊の対策に効果があると、評判になりました。

数万人の命を救った、蚊取りペットボトルとは、一体どのようなものでしょうか?

この蚊取りペットボトルは、どのご家庭でも用意のできる材料で、誰でも簡単に作れます。

【スポンサーリンク】

蚊取りペットボトルの作り方

蚊取りペットボトルの仕組みは、至って簡単なものです。

蚊に悩まされている方は、是非、庭やベランダなどに設置してみてください。

詳しい作り方をご紹介しましょう。

・準備するもの
1.5~2.0ℓのペットボトル 1ケ
熱湯 200ml
ブラウンシュガー(砂糖でも良い)50g
イースト(ドライイーストでも良い)2g

・作り方
ペットボトルの口を切り取ります。

ブラウンシュガーと熱湯をペットボトルに入れて、完全に溶かします。

その後40℃くらいまで冷めるのを待ち、イーストを入れます。

イーストは混ぜずに、静かに発酵するのを待ちます。

約2時間から半日程度で、発酵が始まります。

プクプクと発酵が始まったら、切り取ったペットボトルの口を逆さに差し込んで完成です。

蚊は暗い所を好みますので、黒いものや新聞紙でペットボトルを覆うと効果的です。

蚊取りペットボトルの設置方法と効果

蚊取りペットボトルが完成したら、庭先やベランダに設置して、その効果を見てみましょう。

発酵による生じる二酸化炭素は、蚊をおびき寄せて、ボトル内に入ると蚊は抜け出すことが出来ずに、ボトル内で死んでしまいます。

蚊取りペットボトルの使用上に注意は、雨風を直接受けない場所に設置することが大切です。

気温が低すぎると、発酵が止まるので、効果が薄れてしまいますし、

衛生上、2週間に一度くらいは、新しいものと交換することをオススメします。

この蚊取りペットボトル以外にもハーブで蚊対策が出来ます。
【関連記事】
蚊の対策はハーブで安心!科学物質を使わず安全安心なうえに効果は抜群!

まとめ

この蚊取りペットボトルは、日本で使用するには、少し気温が低いと効果が薄くなると言われています。

蚊取りペットボトルを温めるなど、まだまだ改良の余地があるようですが、
これから暑い夏には、蚊が大量に発生します。

極力、蚊には刺されないように、対策が必要です。

蚊取りペットボトルで、被害が減るのであれば、一度作って効果を見るのも良いかもしれませんね。

【スポンサーリンク】